TOP > 宮城蔵王

遠刈田温泉の発祥の由来には、いくつかの説がある。一説によれば、鎌倉時代、現在の栗原郡金成町に住んでいた金売橘次・橘内の兄弟 が、岩崎山(籠山)金抗を発掘中に霊泉を発見したのが始まりといわれている。


宮城蔵王

遠刈田温泉郷

遠刈田には18軒の旅館があり、温泉は上湯、中の湯、瀧の湯、東の湯の4口にそれぞれ浴舎が設けられ、旅館の内湯は2ヶ所のみだったという。しかし、登山期の遊湯者は 1日1000人から3000人におよび、街にはさまざまな店が立ち並び、「純然たる小都会の観を呈していた」という記述も残されている。。

観光

お釜をシンボルとする蔵王の山並と光輝く木々の緑、さわやかな風が訪れる人を魅了し続けています。蔵王は高山植物の宝庫でもあります。芝草平や駒草平を中心に可憐な花を咲かせます。
5月から8月にかけて最盛期を迎えると、多くの登山者やハイカーが訪れます。

宿泊

浴衣姿に下駄を鳴らして散歩する宿泊客も多く、宮城蔵王の大自然や宿の自慢料理を味わって見ては如何ですか。

アクセス

宮城蔵王までの交通マップ。
ドライブマップもこちらです。
見知らぬ土地での観光も大丈夫。