湯めぐりの町 渋温泉

「地面を掘れば、温泉が出てくる」といわれるほど、多数の源泉が存在する渋温泉。その豊富な湯量と泉質は、温泉王国・長野でも指折りです。
渋にあるすべての旅館と外湯は、100%源泉掛け流し。源泉ごとに成分が異なるので、鉄分が多く褐色を帯びたものから、白濁したもの、緑がかったもの、無色透明など、地中から湧き出たままの温泉が味わえます。
効能も、神経痛から美肌までさまざま。目的や体調に合わせて、湯めぐりが楽しめます。
また、温泉街に敷かれたノスタルジックな石畳も人気の一つ。浴衣に下駄でカラコロと音を立てて散歩すれば、しっとりと旅情気分に浸れそうです。歩き疲れたら、足湯で一息つくのもおすすめです。

九湯めぐり

それぞれ源泉や効能が異なる外湯を、祈願手ぬぐいにスタンプを押しながらめぐります。
最後に、温泉街を見下ろす「渋高薬師」へ参詣し印受すれば、満願成就。九(苦)労を流し、厄除けや安産育児、不老長寿のご利益があるといわれています。

一番湯

初湯

僧行基が発見し、針鉢の鉢を洗ったという「鉢湯」が、やがて「初湯」になったと伝えられています。胃腸によいところから胃腸の湯とも呼ばれています。

二番湯

笹の湯

昔は、笹やぶの中から湧き出したため、この名が付けられました。
湿疹など皮膚病のほか、病気の回復期に効果があり、「仕上げの湯」とも呼ばれています。

三番湯

綿の湯

切り傷や皮膚病などに効き、おできの「わたわた」がとれることから、綿の湯と呼ばれています。

四番湯

竹の湯

地獄谷から、管での引湯に成功した時に名づけられました。慢性痛風に効くといわれています。やわらかい湯ざわりが特徴です。

五番湯

松の湯

名称の由来は、「あなたを待つ」からきているそうです。神経痛や病気の回復期に効くとされ、湯の中で体を動かすと、痛みが軽くなるといわれています。

六番湯

目洗の湯

多くの人が目の病を癒したといわれています。肌もきれいになる美人湯としても人気です。レンガ造りの浴室で、大湯の次に大きな湯船です。

七番湯

七操の湯

7つの病気に効くといわれ、また7回入れば全快するといういわれがあります。鉄分が多く、無色で透明感があるお湯です。

八番湯

神明滝の湯

源泉は、裏山の神明山から湧出しており、昔は、滝のような打たせ湯で疲れを取ったと伝えられています。婦人病に効き、子宝に恵まれるといわれています。

九番湯

大湯

淡い茶褐色のお湯で、万病に効くといわれています。九湯めぐりの総仕上げとなるので、結願のためにゆっくり入浴するのがおすすめ。日帰り客用に有料開放されています。湯船は2つに分かれており、7、8人が一度に浸かれる大きさです。

基本情報

外湯(九湯)
入浴時間/年中無休、午前6時~午後10時
(※清掃中は利用できません)
渋温泉に宿泊し、「1泊住民」になれば、九湯すべてが無料で利用できます。

一番湯

信玄釜風呂

日帰り客用も利用できる浴場です。京都・東福寺のかま風呂を模して造られ、信玄公の湯治場でもあったことから、「釜風呂」と名付けられました。温泉寺境内にある信玄釜風呂では、蒸し風呂も体験できます。

入浴料:350円 入浴時間:午前10時~午後7時

石の湯

日帰り客用も利用できる浴場。石積みの浴槽が特徴です。神経痛・胃腸病などに効能が期待できます。喫茶店を兼ねた施設で、カレー、ビーフシチューなどの軽食も人気です。

入浴料:500円 入浴時間:午前10時~午後9時

足湯 のふとまる

渋大湯の屋上にある、檜造りの足湯処。大湯と同じ、鉄分で茶褐色に濁ったお湯です。散策中の休憩におすすめです。足拭き用タオル完備。

入浴料:無料 入浴時間:午前8時~午後10時

観光

大正から昭和初期に建てられた、レトロな木造家屋が立ち並ぶ渋温泉街。石畳の小道を散策すれば、由緒ある寺社や、温泉まんじゅう、射的など、昔懐かしい味や文化に出会えます。

パワースポット

  • 神妙山薬師庵 高薬師
  • 横湯山温泉寺
  • 横湯薬師
  • 成田不動尊
  • 2つの天満宮
  • 金毘羅宮
  • 毘沙門堂
  • 和合の滝

町歩き

  • 木造建築の街並み
  • 古久屋の温泉卵
  • 射的
  • 卓球場
  • 会津屋
  • 小古井製菓

宿泊

古くから湯治場・宿場として栄えた渋温泉には、町全体で訪れる人をもてなす気風が息づいています。田舎の家に帰ってきたかのような居心地の良さは、歴史深い温泉街ならではです。

金喜ホテル

GW受付中!情緒あふれる渋温泉★温かさに包まれた家庭的な宿 豊かな香りが漂う「檜風呂」は24時間無料。壁にそびえる大きな岩を伝って、温泉が流れる「滝風呂」も癒されます。落ち着いた和室に泊まってゆったりとした寛ぎを。...

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2073

新栄館

長野県の渋温泉にある宿、新栄館。源泉かけ流しの温泉、檜風呂を堪能した後は、木の雰囲気漂う館内でホッと一息。手作りのお料理を食べながらごゆっくりとお過ごしください。皆様のご予約をお得なプランでお待ちしております。

長野県下高井郡山ノ内町平穏2077

小澤屋旅館

湯田中渋温泉郷 渋温泉 小澤屋旅館は、大正時代からある歴史ある旅館です。メイン通り沿いに位置し、風情ある温泉街の雰囲気と静かな環境でご宿泊中の皆様に寛ぎの時間をご提供します。

長野県下高井郡山ノ内町渋温泉

御宿 多喜本

歴史の深い信州・渋温泉にある旅館「多喜本」。格調高い日本の職人技が生きている建物は、純和風の落ち着いた造り。自慢のお風呂は効能の違う三つの源泉を引いており、それぞれしっとりなめらかで美肌効果があります。女性の方には...

長野県下高井郡山ノ内町平穏2279

交通

長野県・下高井の横湯川沿いに、昔ながらの街並みが広がる渋温泉郷。
古きよき日本の原風景を求めて、ふらりと旅に出かけてみては。

車の場合
東京練馬IC → 関越自動車道 → 藤岡JCT → 上越自動車道 → 碓氷軽井沢IC更埴JCT → 上信越自動車道 → R29バイパス → 佐野角間IC渋温泉
大阪・名古屋小牧JCT → 中央自動車道 → 岡谷JCT → 長野自動車道 → 更埴JCT → 上信越自動車道 → 信州中野IC → R29バイパス → 佐野角間IC渋温泉
新潟・金沢上越JCT → 上信越自動車道 → 信州中野IC → R29バイパス → 佐野角間IC渋温泉

※駐車場は、温泉街の外にあります。

電車を利用する場合
東京駅 → 長野新幹線80分 → 長野駅 → 長野電鉄線45分(特急) → 湯田中駅 → バス → 渋温泉
新大阪駅 → 東海道新幹線60分 → 名古屋駅 → 中央特急しなの180分 → 長野駅 → 長野電鉄線45分(特急) → 湯田中駅 → バス → 渋温泉
新潟駅 → 上越新幹線60分 → 高崎駅 → 長野新幹線45分 → 長野駅 → 長野電鉄線45分(特急) →
湯田中駅 → バス → 渋温泉
金沢駅 → 北陸新幹線75分 → 長野駅 → 長野電鉄線45分(特急) → 湯田中駅 → バス → 渋温泉

topへ

神明山薬師庵 高薬師

行基が霊泉(現在の大湯)を発見し、薬師如来を刻んで祀ったといわれています。九湯を巡って最後にお参りする場所です。

横湯山温泉寺

およそ700年の歴史をもつ曹洞宗の寺です。「横湯」は、裏山の斜面にある横穴から温泉が湧出したことに由来した地名で、現在でも境内には数箇所の源泉があります。

横湯薬師

目洗いの湯の裏手にあります。本尊は薬師如来。建物は江戸期に建立され、明治期に改築されています。別名「医王院」とよばれ、病気快復にご利益があるといわれています。

成田不動尊

大正時代末期、不動明王のご利益で命が救われたとされた、豊野町出身の滝沢氏が建立したのが始まりです。境内には、不動明王だけが持つ事が許されるという「倶利伽羅剣(剣に龍が巻き付く利剣)」が突き刺さっています。

2つの天満宮

渋温泉には、『渋 天満宮』と『横湯 天満宮』の2つの天満宮があります。菅原道真公を祭神に、学業成就のご利益があります。

金毘羅宮

航海の守神でありながら、雨乞いのご利益がある農耕神としても信仰されています。社殿は江戸期に建立されました。

毘沙門堂

渋温泉の中では創業が一番古く、文政12年(1819)に製作された古地図にも毘沙門天が記されているといわれています。毘沙門天の姿は、一般的には甲冑を纏った武者姿で宝塔を持ち、邪気を踏みつけているそうです。

和合の滝

むき出しのコンクリートだった放水路を、地元の自然石を重ねて滝にしたものです。
この地区の地名「和合」から、名付けられました。

木造建築の街並み

カラコロと下駄を鳴らしながら、石畳が続く温泉街を散策。古めかしい木造建築の街並みが、旅の情緒を演出してくれます。

古久屋の温泉卵

大湯近くの古久屋では、湧き出る温泉を直に受けた、できたての温泉卵が無人販売されています。

射的

泉街ならではの娯楽の1つ、射的。テクニックは、店の主人が丁寧に教えてくれます。

卓球場

温泉といえば、卓球。歌恋会館では、無料で卓球が楽しめます。ラケットとピンポン玉は常備されているので、手ぶらでOK。

会津屋

大湯の近くにある会津屋では、名物・温泉まんじゅうや、お土産を販売。気さくな店の人と会話するのも、いい旅の思い出になりそうです。

小古井製菓

看板メニューは、バナーが香る「うずまきパン」。温泉まんじゅうも販売しています。お菓子を食べながらの町散策も楽しそうです。